集落営農組織の法人化の意義・目的

集落営農組織の法人化の意義・目的

集落営農組織の法人化の意義・目的

 

農業経営の法人化については、「食料・農業・農村基本法」において、その政策方向が
明確化され、国あるいは京都府においても、個別経営体並びに集落営農の法人化について
強力に推進・支援しています。
農業経営の法人化については、「経営者の意識改革」「信用力の向上」「経営発展の可
能性」など、”より強い経営体”への発展という意義・目的があるとともに、集落営農の
法人化については、新たな担い手の創出という役割も期待できます。
近年、特に京都府の中北部地域においては、高齢化等により土地利用型作物の担い手が
希薄となり、遊休農地発生の懸念があります。
集落営農の組織化・法人化は、その最後の切り札として、地域の農地を守るだけでなく、
農業経営の多角化など、地域経済発展への寄与が期待されます。
しかし、これらの目的は、法人化すれば、黙っていても達成できるものではありません。
むしろ、法人化は、これらのきっかけづくりであり、経営者や集落の人々の意識改革に
より、これらの目的が達成されるものです。【おすすめページ】 無職でもクレジットカードの審査が通れました